前略、セチガラ山より。

ブービンとか呼ばれている人の日々の世知辛いアレ

Amazonが製品提供受けてのレビューを禁ずるそうです。日本はどうなるんでしょうね。


Amazon.com


 


仕事でYouTubeを使うようになって、Amazon販売業者からそれこそいろいろな商品提供の話がくるようになりました。


 


ガジェットメディアなので、モバイルバッテリーぐらいならまだわからんでもないですが、ただの縄跳びとか金属ボトルなんてこともざらです。先日、チノパンのレビュー依頼が来たのでびっくりしましたが。


 


こうした提案に今のところ返答したことはありません。大抵の場合、1円だか0円だかで購入できるのでレビューしてくれないか? みたいな形でメッセージが届きます。実際、その値段で本当に買えるものなのかはわかりません。


 


 



 


 


自分はあくまでもビジネスとして動画をやっています。マスゴミ稼業もフリーランス時代含めればまとめると17年ぐらいになります。


 


そのせいか、そういった話に浮き足立つことはなく、ご提案をいただく機会が増えるほど、僕らの動画の認知度が上がったなぁと思うぐらいです。


 


長いことガジェットメディアやっているせいか、正直なところモノくれたとしても全く嬉しくありません。はっきり言っちゃうと製品提供、製品貸与を含め、恩義は1mmだって感じませんw 。。。少しは感じた方がいいかもですねww


 


だって、製品もらったぐらいで嬉しがるほど、自分は安くないからです。おこがましいのは重々承知の助です、ねんのため。


 


ただそれは事実です。仮に取り上げたネタを広告換算したとして、自分のメディアをそんな安く売ってるつもりもないです。


 


 



 


 


僕らはそれなりのお金をクライアントから得てビジネスにしています。PR表記をつけてやっていますし、自分の感覚では、お金をもらっているからこそ、普段はできないようなお金をかけた企画もできると思ってます。


 


自分を含め大勢の人が関わっているわけで、仕事として生活の糧をたくさんの人が得ています。製品もらって嬉しがってるようじゃ、生活になりません。


 


コンシューマー向けメディアですから、どうやったら喜んで楽しんでもらえるか? を考え、メディアのブランド価値を上げていくのが定石かなと思っています。モノもらって満足するような方にそういうビジネスはできないので、きっと副業的な感覚でレビューするんだろうな、と想像しているところです。


 


 



メディアを動かすプレスリリースはこうつくる! (DO BOOKS)

メディアを動かすプレスリリースはこうつくる! (DO BOOKS)




 



 


 


ところで、わりと日本では自腹信仰みたいなものがあって、自腹レビューを喜ぶ傾向にある気がします。腹痛めて買ったからリアル、そんな感じかなと。


 


それはそれでいいと思ってますが、一方で自腹で買ったものだと感情的になるんじゃないの?とも思います。買っちゃったらそれは、ステイクホルダーでもあるわけで自腹主義を盲目的に信じるのもまた違う気もします。


 


 



 


 


ここ数年、経験のないPR代理店が増えたせいなのか、モノメディアにモノ渡して恩をきせようとする輩が増えたように感じてます。


 


製品を渡したところで、こちらは記事にするかを約束しません。ネタにできると思ってお借りしたけど、実際そうでもなかった!なんてことはしょっちゅうです。


 


仮にネタにしたところで、思った通りの内容になることもまずありません。僕らのお客さんはあくまでも読者とか視聴者ですから。


 


それでもしつこく内容に口を出す方については、代理店のクライアントに対して担当者の行動はクライアントの指示によるものか確認するようにしています。


 


クライアントからすれば、メディアに不用意にネガティヴな印象を抱かれても困るわけで、大抵の場合、代理店の暴走ってことでかたがつきます。PR会社からすれば怖いこと言ってますね。


 


でも、そこをきちんとやってる担当者もいるのです。メディアとやりとりしてるのに、メディアの足下見たようなやりとりするなら、自分は徹底的にいきたくなります。大変申し訳ないですが、それぐらい性格悪いんです。ま、ご参考まで。


 


ヨモヤマ、おしまい。


 


 



やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける

やり抜く力――人生のあらゆる成功を決める「究極の能力」を身につける




 



 


 


 


 


 


 


 


このエントリーをはてなブックマークに追加