前略、セチガラ山より。

ブービンとか呼ばれている人の日々の世知辛いアレ

常日頃、場にはる才能や人脈や資産がないなら、命をかけたらいいんじゃないかなぁと思っております。

fighting

世の中を変えるような、人の役に立つようなすごいことをしたいです。けれど、自分にかけらるものがないと感じています。だから仕方なく命をかけています。

ありがたいことに、健康を心配してくれる人がいます。こちらとしては命をかけている以上、まぁ健康に影響があっても、悲しいが仕方ないと考えています。

しかし先日、ある人に言われました。

「命をかけさせる会社に命をかける価値あるの?」

ドキっとしました。そして、かける価値はないと思いました。

これまでもこれからも会社にこだわって生きることはないと思います。ただチャレンジする場所が欲しいだけです。チャレンジできる場所がかいならそこで頑張る、そう思ってます。

でもやはり、会社に命をかけるとか思われちゃうと変な感じになっちゃいますよね。なんか今、モンモンとしております。



このエントリーをはてなブックマークに追加