前略、セチガラ山より。

ブービンとか呼ばれている人の日々の世知辛いアレ


朝とれた土佐の恵みを空輸してその日のうちに食べられる。そんなお店が銀座にあります。紹介するのがもったいないようなお店で(スイマセン)、今回はソーシャルで積極的に拡散するのは控えようかなと思います。写真見返していたら、また行きたくなってきた!


最初の写真はお通しのアサリ。平皿タイプの土鍋の上でクツクツとアサリが言っています。このアサリもさることながら、アサリから出ただし汁で、ほうれん草をしゃぶしゃぶして食べるのが絶品。


 



 


白魚も凄かったです。土佐で朝水揚げされたばかりの白魚ですから、鮮度は申し分なし。エネルギーをいただいている、そんな気がしました。


 



 


土佐といえば、カツオです。ここで食べた以上のカツオに出会ったことがありません。土佐のゆずをしぼって土佐のニンニクで、ねっとりと濃厚なカツオを運ぶと悶絶です。本当に「んぅ〜♪」と声が出るぐらいパワフルなカツオでした。


 



 


カツオを食べている間、網の上で太刀魚の良い香りがたちはじめました。お刺身用の太刀魚を焼いているのですから、美味しくないわけがない。カツオが力強い味だったので太刀魚が負けるかな、と思いましたが、そんな心配はいりませんでした。


 



 


海の恵みだけじゃありません。土佐ジローという地鶏だけで作った贅沢なソーセージです。一般的なソーセージよりもあっさりした味で、お魚が続いた中で良い箸休めにもなりました。贅沢な箸休めですな。


 



 


こちらは金目の煮付け。とくに変わったことはしていません。素材が美味しい、ブリブリの金目、身がしっかりしています。


 



 


土佐の地酒をいただきながらでしたから、こういうちょっとした干物も嬉しいですよね。酒は4人で2升ほど空にしちゃいました。


 



 


こちらは土佐ジローのスープ。超贅沢な鶏白湯といった感じ。鶏臭さのまったくない濃縮された旨み、これでレタスのしゃぶしゃぶをしちゃいました。さっぱりしていて美味しかったのですが、でもレタスしゃぶしゃぶだけじゃもったいないな〜と思いました。


 



そしたら、これですよ。土佐ジローのスープに土佐ジローの玉子、そこでラーメン。立ちくらみするほどうまいラーメンです。座ってましたけど。すでにかなりお腹いっぱいでしたが、あっという間に平らげました。


 


 


と、まぁ、写真をご覧いただければ素敵なお店だとわかると思います。


でも、それだけじゃないんです、土佐そのまんま。女将さんがすごく素敵な方でした。男勝りの女性を土佐ではハチキンと呼びますが、まさにハチキン女将。豪快で堂々としているのにとっても優しくて、みんなのお母さんといった感じで、すごく楽しかったです。帰り際、思わず一緒に写真を撮らせてもらいました。


予算を伝えると女将さんのおまかせで美味しいものがいただけます。


 


土佐そのまんま 銀座

http://tabelog.com/tokyo/A1301/A130102/13164000/


このエントリーをはてなブックマークに追加