前略、セチガラ山より。

ブービンとか呼ばれている人の日々の世知辛いアレ

大雪だ。長靴の上の方まで雪がくるほど、まごうことなき大雪。大雪はおじさんのテンションをも上げるぞ。そいつが上がってうろうろしていたら、二十歳の頃を思い出した。


 


千年ほど前のこと。成人式の関東地方は記録的な大雪で、バカみたいにどか雪が降った。晴れ着姿の同級生たちはすごく大変だった。。。に違いない。


 




カイザー(kaiser) ゆきだまくん KW-962B


カイザー(kaiser) ゆきだまくん KW-962B




 

 




自治体に成人式を祝ってもらうほど子どもじゃない、馬鹿にするな! という家庭環境で育ったので、とくに意識することなく成人式には行かなかった。そういう親は両方とも公務員なんだから変なもんである。


 


それはいいとして、成人式を終えた友達が家に遊びに来てくれた。大雪だから、そのまま外に出て、雪の中にダイビングしたり、軽く雪合戦をしたり、そんな成人式の日だった。


 


子どもじゃない、馬鹿にするな! 


 


なくせに、子どもみたいにノリノリになった。ただ、なんだかそれはとても楽しくもあった。その頃、ノート(注:メモ魔)に楽しかったことを綴っている。倍の40歳になったころに、「野郎ども、合戦だ」なんつって、100人ぐらいで本格的な雪合戦をしたいってこと。




40歳のおっさんどもが学校に忍び込み、「おらっ! ものどもかかれ!」ってな具合で、戦いのダンスに興じる。息が上がって、もうあの頃のように走り回れず、『死ぬ、ダメだ」「ひぃい、タバコやめよ」なんてやりとり。倒れたものは、とどめとばかりにバケツで雪が浴びせられる。


 


その後もそのノートは場所を変えてメモを継続し、Evernoteを得て今はそこに留まっている。


 


さて、私事だがアラフォーだ。野郎ども、数年後にはそんな誘いがあるかもしんまい。


 



 


このエントリーをはてなブックマークに追加