前略、セチガラ山より。

ブービンとか呼ばれている人の日々の世知辛いアレ

時間があると本屋に行く。それこそ「時間はあるのだ」と盲目的に思い込んで、とりあえず本屋に向かうこともあるぐらいだ。気晴らしに本屋に行って、見ず知らずの本たちに興味本位に声をかける。


 


本に関しては気が多く移り気なタイプなので、気がつくと何冊も声をかけ、両手にはべらせてしまうこともある。


 


今日もだ。


 


新宿の紀伊國屋書店がいけない。あっという間に5000円が吹っ飛んでいった。5000円が吹っ飛んでいって、それで「5000円が吹っ飛んでいっちゃったな」と思いながら、そのままその足で隣のコミックのビルに行って、さらに吹っ飛ばす。なるべく吹っ飛ばしたくないが、いつの間にか吹っ飛んでいる。


 


Amazonがあれば興味ある本は買える。必要なものも買える。興味があるものと、必要なものによって、同じような嗜好の人が買っているさらに興味があるものにも出会える。


 


……のだが、それは全く楽しくない。楽しい気がしない。恋は出会い頭、視線と視線が交じるような、唐突感があった方がいい。つまりトキメキ、Amazonじゃトキメかない。


 とはいえ、トキメキを演出してくれるような本屋ばかりではない。とくに、都心の小さな本屋には夢と希望がない、ことがある。


 


駅前の小さな本屋に入ると、どこでも買えるような本が所狭しと(いやホントに狭いんだ)並べてあり、どこでも定価で売っている。陳列方法含め、ほとんど売る努力の感じられない店がある。


 


一方で、陳列だけでもと独自の編集力を発揮している店もある。おそらく本が好きな主人なんだろう。こちらも嬉しくて、両手をがやがやと動かすヒップホップの挨拶でもしてみたくなる。やったことはない。あれはどう切り出して挨拶をはじめるんだろう?


 


夢と希望がない本屋を生み出しているのは出版社と取次店だ。何をどうしようが、もう再販制度を維持するのは無理だ。再販制度という言葉は、重要なところを省略しているからちゃんと言うと、再販売価格維持制度を続けられる社会的な状況なんて、とっくにない。


 


維持すべき出版や新聞の文化や意義、なんてものもない。ネットでこうして文章が書けて、個人でも出版社を通してでも電子書籍や電子コミックが出せる時代に、新聞や出版だけが語る文化や意義なんてものは空を切るだけだ。


 


いずれ紙はプレミアムな存在になるしかない。電子書籍のプレミアム版が紙、出版社のサービスとして、クラウドファウンディングを使ったファン向け企画として、立ち位置がどんどん変わっていく。


 


とはいえ、本屋が好きなんだ。いつまでもトキメキを感じていたい。願望でしかないが、本屋さんにはなにとぞ頑張って欲しい。


 


 



世界の夢の本屋さん

世界の夢の本屋さん




 



 


このエントリーをはてなブックマークに追加