前略、セチガラ山より。

ブービンとか呼ばれている人の日々の世知辛いアレ

大店の若だんなにして虚弱体質の一太郎は、大甘な両親の下、離れで17歳をもてあましていた。ある夜、こっそり家を抜け出した一太郎は、たまたま殺人現場を目撃してしまい、彼自身も危うく殺されかける。


難を逃れた一太郎、翌朝、殺人現場には首のない仏が見つかる。しかし、一太郎が見た遺体には首があった。一太郎は、手代(大人の丁稚)に化けた妖怪2人を用心棒に、幼なじみや馴染みの妖怪たちの協力を得て真相を解明していく


と、いったように、作中で「妖(あやかし)」と表現される妖怪らが日常的に登場する「大江戸あやかし探偵物語」といった内容。軽くてとても読みやすい娯楽小説だ。シリーズ化されているらしい。


キャラクターにいずれも愛嬌がある。鳴家(やなり)という、家がきしむ音の発端となる小さな妖怪のふるまいがかわいらしい。「ぬらりひょんの孫」とか「夏目友人帳」「犬夜叉」あたりの妖怪マンガが好きな人はもとより、落語的な滑稽な物の怪が好きな人も楽しめる。軽めの学園ミステリーとか、娯楽推理小説が好みの人にもオススメだ。


ちなみに、タイトルの「しゃばけ」はおそらく娑婆気。シャバは現世(うつしよ)のことで、しゃばけは、現世に未練たらたらな、ようするに財産などあの世に持っていけないものへの執着心を意味する。よいタイトル。


 



しゃばけ (新潮文庫)

しゃばけ (新潮文庫)




 



 



ぬらりひょんの孫 コミック 全25巻完結セット (ジャンプコミックス)

ぬらりひょんの孫 コミック 全25巻完結セット (ジャンプコミックス)




 



 



 



 


このエントリーをはてなブックマークに追加