前略、セチガラ山より。

ブービンとか呼ばれている人の日々の世知辛いアレ

10月の終わり、UQコミュニケーションズの野坂さんにインタビューをした。外から見える顔と、中の人から漏れ伝わることにギャップがある気がして、いいタイミングで話が聞けたらいいなと思っていた。


真面目な人だということはわかっていたけど、ほかの媒体では見えてこない野坂さんの魅力を出したかった。UQはインフラの会社だから、あまり中の人が見えてこない、つまり余白のない会社のように見えた。だから、もっと居酒屋で仕事の話をしているようにしたかった。


最初は、かなり柔らかく、話しやすくてくだけた質問をすることにした。言葉が転がってリズムになることを意識した。転がりだせば、あとはロックンロール。ロックンロールはなりやまない。このインタビューは、自分でもうまくいったなと思う。



 


 


このエントリーをはてなブックマークに追加