前略、セチガラ山より。

ブービンとか呼ばれている人の日々の世知辛いアレ

はてなのkiyoheroに久しぶりに遭遇した際、


「ぶーさん、はてなでブログやってよ。一流の記者はやっているよ」


と言われた。ただ、ほかでいくつかブログはやっているし、仕事も今はブログメディアだから瞬発力で断った。


しかし、kiyoheroの生意気な言い方は嫌いじゃない。やっぱり、ちょっとだけやってみることにした。どこかで一流に憧れているのかもしれない。もっとも、一流がなんなのかはわかっていないし、知りたいとも思わない。


 


はてなのブログは初めてだ。


はてなの民は、頭でっかちでおっさん臭く、何かのきっかけで一緒に酒を飲んだら、変な絡まれ方をしてやっかいな気がする。。。そんな勝手なイメージがあって苦手だ。


それと、どこそこを退職した理由をわざわざ語りたがる感じも気持ちがいいものではない。何かのストーリーの中に自分を置くのも結構だけど、ひねくれたナルシストみたいな感じがして、変だ。


クビにした雇用者側のアンサーエントリーでもあれば、それを含めて楽しめそうだとは思う。そういうのは見かけない。他人のひねたナルシズムにクビを突っ込み、当事者のような顔をする時間を持て余したコメント者もなんだかしっくりこない。


 


……と、いったように、僕はとても性格が悪く、友達も少ない。残念ながらぼっちでいるのが好きで、いい年こいて未婚で彼女もいない。それでも、人は好きで、寂しがり屋で、エッチなことに目がなく、普通に女の子に恋もする。


……と、いったように、赤裸々に語るのがはてな民だと認識している。どうなるかわからないけど、つまるところ、今のところ、ノープランの両手ぶらり、ノーガードのたこ殴り作戦である。はじめてみよう。


 


 


 


 


 


 


このエントリーをはてなブックマークに追加