前略、セチガラ山より。

ブービンとか呼ばれている人の日々の世知辛いアレ


 


人の役に立てるとなんだか嬉しい。ちょっとしたことなら買ってでも役に立ちたいというか、感謝されたい。


 


とにかく役に立ちたい。役に立った気がすると、不思議と満足感があって、そこに「ありがとう」なんて言われちゃうと、「いやいや、たいしたことしてないし」なんてついつい何でもないフリをしてしまう、そんなことも珍しいことじゃない。


 


『お客様の特別になる方法』はそういった動機付けについて書かれた本。購買につながる動機付けと、顧客とのリレーションについて、あーでもない、こーでもないと書かれている。


 


店舗とお客という間柄でも、友人関係に近いようなギブ&ギブの精神が成り立つし、そうあるお店は強い。方法論というよりも、いくつもの事例を紹介する中で、なんとなくどういうことかが浮かび上がってくるような内容。久々にもう一度読みたい本にあった。


 


今回刺さったキーワードは2つ。



  • 満足は絆を生まない

  • コミュニケーションを人に預けてはいけない 


まさに最近気にしていたものが言葉になっていた。ネットでサービスを提供している者として、顧客に満足してもらう何かを提供しようとは思うが、昨年来、そこを充実させてもリレーションは築きにくいのかなと考えていた。実際、解決方法を見つけたわけじゃないが、後ろ盾になってくれたような気がする。



このエントリーをはてなブックマークに追加