前略、セチガラ山より。

ブービンとか呼ばれている人の日々の世知辛いアレ

14


METI Journalという結構骨太な広報誌があります。これ無料なのに読み応えありまくりなんです。しかし、いかんせんタッチポイントがお役所仕事って感じでもったいない。そんな隔月誌です。読みにくいけどバックナンバーも面白いですよ。

2017年度春夏にこのMETI Journalが隔月から、日刊更新のオウンドメディアになるそうです。現在経産省のサイトでは競争入札で編集事業者を選定するとか。

こういうオウンドメディアの口を役所が作るのは面白いなと。おそらくそのままではMETI Journalと同じ道をたどると思いますが、編集事業者のアイデア次第で結構面白いことができそう。日刊メディアなんだし、複数の参入事業者に担当させて結果を競わせるのもいいかもしれませんね。KPIとか競争軸の設定からして企画考えるの楽しそうだし。 

これまでの雑誌的な発想の広報誌から、Web的な発想のオウンドメディアに生まれ変われるのか、今のところ民間各社も苦労しているところです。Web版広報誌とならず、チャレンジできるオウンドメディアになれたら、行政ネタはたくさん楽しいことができるだろうなぁと思いました。
リリース
http://www.meti.go.jp/press/2016/12/20161227007/20161227007.html 
このエントリーをはてなブックマークに追加