前略、セチガラ山より。

ブービンとか呼ばれている人の日々の世知辛いアレ

2013年05月

1年前の5月、書いた記事がネットで炎上し、つるしあげをくらった。おそらく、普通に暮らしている人が炎上の当事者になることは珍しい。すっかり落ち着いた話なので、今一度振り返ってみる。 職業柄、炎上しやすい立場だ。それ自体はまぁ仕事していれば身に降りかかることもあ …
続きを読む

GWというわけで読書三昧。   著者は講演活動なども精力的なダイレクトマーケティング界の有名な方。副題に「シンプルだけど、一生役に立つ!お客様をトリコにするためのバイブル」とある。    IT革命が結局なんだったのかはいまいちわからないが、マーケティングの世界 …
続きを読む

  GWというわけで読書三昧。     「企画書」とタイトルにあるが、どちらかというと、企画の立案方法や考え方に関する内容。   さまざまな手法が紹介されているが、仕事などで企画に関わる人でないと楽しくない。商品企画、サービス企画やりたい系の若者が読むと、「なる …
続きを読む

  GWというわけで読書三昧。   とある経営者の方にオススメされたので読んでみた。一代でパナソニックグループ(松下電器など)を築き、財を成したモンスター実業家の経営指南本。どれも当たり前、とも言えることだが、基本に忠実であることが大切なのかもしれない。   …
続きを読む

  GWというわけで読書三昧。   アジア各国のカレーをどれだけ知っているか? ひとくちにインドカレーと言っても南部と北部では全く違う。本書ではさらに、スリランカ、パキスタン、ネパール、ビルマ、カンボジア、果ては韓国や中国まで、さまざまな国のカレーを紹介。   …
続きを読む

  GWというわけで読書三昧。   「にゃん」をカタカナにしなかった時点でこちらの負け、そう思って間違いない。タイトルはとても大事だ。   パリで暮らす猫たちのグラビアに、そりゃもうニマニマしてしまう。 猫は都会が似合う。パリに暮らす自立した大人たちと、傍らに猫 …
続きを読む

  GWというわけで読書三昧。 吐く息も白くなる寒空の下、ストーブにつま先を差し出して温かいミルクやコーヒーを楽しむ。北欧デザインの雑貨には、そんな柔らかい光と温もりを感じる。   『北欧、暮らしの道具店 しあわせ雑貨でつくる自分スタイル』は、北欧雑貨を扱うWeb …
続きを読む

  人の役に立てるとなんだか嬉しい。ちょっとしたことなら買ってでも役に立ちたいというか、感謝されたい。   とにかく役に立ちたい。役に立った気がすると、不思議と満足感があって、そこに「ありがとう」なんて言われちゃうと、「いやいや、たいしたことしてないし」な …
続きを読む