前略、セチガラ山より。

ブービンとか呼ばれている人の日々の世知辛いアレ

2015年01月

最近考えること:ITとコミュニケーションのちょうどいいところ

浅草あたりに住むようになりシニア率が高くなったことで、あらためてコミュニケーションの大切さを感じています。セブンイレブン、70オーバーのおばあちゃん客said唐揚げ2つ3つちょうだい。店員さんsaid2つですか?3つですか? それで値段が変わるから当たり前なんだけ …
続きを読む

年末、netgeekさんがとある飲食店を叩く記事を出していました。それに伴って、食べログも糾弾されていたのですが、netgeekさんは叩くだけたたいて、実際のところを聞いてくれない模様。私は食い道楽なもので、普段食べログを参考にしています。気になったのでこちらで勝手に …
続きを読む

コトラー博士はマーケティング界隈で影響力のある方です。知っているのはそれだけだったので、読んでみました。超入門って書いてあるから、きっと自分にもわかると信じて。コトラー博士が何をした方なのかいまいちはっきりしないのですが、マーケティングなる怪物を整理整頓 …
続きを読む

新年らしいものを読みたいなと思い立ち、なんとなく手にとって読んでみたら知らないことだらけで楽しかった、そんな本でした。あまり信心深い方ではないのですが、年のはじめはなんだか験(ゲン)を担ぎたくなるものですね。ちなみに、験担ぎの「験」は、「縁起(えんぎ)」 …
続きを読む
BABYMETAL @モントリオールに鼻血出た日本の夜明け、Road of Resistance 降臨

年末年始、Chromecastを利用しテレビで BABYMETAL ばかり見ていたら、完全にベビメタ脳になったようです。紅白歌合戦もほぼ見ることなくベビメタ三昧でいたのですが、年明けいざ仕事をはじめてもあたたたたたーた たーたたた ずっきゅん!と頭の中のギミチョコがなりやま …
続きを読む

昨年のXmasに発売された最新作は太宰治『晩年』にフォーカスしたもの。シリーズを読んできた読者はご存知の通り、憎き例の男が再び現れます。5巻で大輔と栞子の恋路に進展があっての6巻、さらなる進展を期待していたものの、そのあたりは控えめ。これまでかわいい2人の恋路 …
続きを読む

広告にまつわる事例とソーシャルネット時代の広告のあり方についての本。2011年の本なので目新しさはないものの、事例紹介の退屈さを除いては面白い内容でした。おそらく広告PR界隈の人なら事例紹介も楽しめるはず。私はこの本をメディア芸人という立場で読みましたが、広告 …
続きを読む

昨年おすすめされてどハマりしたのが『娚の一生』です。フラワーコミックスなので少女マンガの絵柄ですが、これすっごい面白いです。50代の大学教授と恋することに疲れたキャリアウーマンの恋愛物語。お互いがお互いを必要としている感じに無理がなく、奥ゆかしさと不意に見 …
続きを読む

2015年の読書はなんとなく手にしたこの本から。なんとなく、と書いたものの実は著者のソレン・ゴードハマーさんよりも、監修した佐々木俊尚さんの名前が大きく出ている気味の悪さが気になったからです。初正直。表題は『シンプル・ライフ 世界のエグゼクティブに学ぶストレス …
続きを読む